医業経営コンサルタントの呟き

平成28年7月、奈良市にて開業しました医業経営コンサルタント、黒木の忘備録的ブログです。得意分野は事業計画(戦略)の策定、人事制度、幹部人材育成研修です。これから日本が未曽有の高齢化社会を迎えるにあたって、医業経営コンサルタントとして、何ができるのかを日々見つめ、粛々とすべきことを発信させて頂きたいと思います。

人事部は必要です

御無沙汰してしまいました。

早いもので、もう春分の日です。

サクラも開花宣言が出されたとかで、気持ちはお花見に向かっています。

 

しかし、3月は年度末でもありますので、様々な締め切りとの戦いです。

各地の理事会にて、次年度の事業計画を目にする季節になっています。

 

そして、目下、人事部アドバイザーの肩書を持たせて頂いている私も次年度の計画の煮詰めに大忙しです。

 

ビジョンの構築、人財育成研修の年度計画、キャリアデザイン計画、法人説明資料の作成、それに次年度の離職率などのKPIの設定、外国人労働者の受入れに向けての研修計画、などなど目白押しです。(画期的なことは企業秘密なので書けません…)

 

医療・介護業界の人的資源管理は、総務部が傍らでする時代はとっくに終わったと感じます。専門部署が必要です。

 

あなたの施設には「人事部」はありますか?

もし、なければ、すぐに創ってください。

医療、介護は労働集約型産業と言われています。

つまり、働き手はロボットではなく、人間だという事です。

だからこそ、人事部という専門部署は必須なのです。