医業経営コンサルタントの呟き

平成28年7月奈良市にて開業し、平成29年7月京都府宇治市に引越しました医業経営コンサルタント、黒木の忘備録的おもいつきブログです。得意分野は事業計画(戦略)の策定、人事制度、人材育成研修です。これから日本が未曽有の高齢化社会を迎えるにあたって、医業経営コンサルタントとして、何ができるのかを日々見つめ、粛々とすべきことを発信させて頂きたいと思います。頑張れ、ニッポン!!

私の価値は研修なのかな?

最近、病院の管理職研修の依頼が増えています。

来年あたりはブレークしているかもしれません・・・。

大阪・兵庫はもとより、東京、長野あたりから依頼を頂いております。

 

依頼頂きました病院にお聞きすると、こういう研修ってなかなかやってくれるところないから・・・とのことです。

 

ニッチなことを続けてきた甲斐があります。

でも、どうせなら、行ってみたいなと思うところがあります。

それは、

ずばり、

「東北」です。

 

今年の金足農業もそうですが、今、東北に行きたい病にかかっています。

 

東北の医療関係者の皆さま、管理職研修などコンサルタントへの御要望がございましたら、ぜひ、黒木医業経営事務所までご用命ください。

 

わがままついでに、もう一つ。

東北からの御依頼は「冬」以外でお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

ブログは面白い

こんにちは。

暑い日が続きますが、みなさんは元気ですか?

私は、最近、やたら素麺ばかりを食べています。

素麺、最高です。暑くても、噛む気力なくても、入っていきます。

奈良には美味しい素麺屋さんが沢山ありますし、夏の奈良は侮れませんよ。

 

さて、タイトルのブログについてです。以前、私は、「はやる診療所の秘密」というタイトルで一世を風靡?しましたが、今回は生存確認ブログです。このブログで人気者になろうという野心は全く持っていません。

 

しかし、クライアントには勧めています。

とある遺品整理会社さんは、「ブログを見て、良さげだったので…」と遠方からご注文を頂けるようになりました。

とあるクリニックの院長も「ブログを作って、スタッフ皆でアップしたら、めっちゃ楽しいし、スタッフも楽しんでくれている」と歓喜の声を頂けるようにもなりました。

 

なかなか「よさげ~」な感じです。

「人となり」がジワーと伝わるのがブログの良いところでしょうか。

私は急展開よりジワーが、好きなので、マストなツールです。

 

 

 

 

コンサルティングの基本

暑い日が続きますが、皆さまは元気にされてますでしょうか?

正直、私は夏が苦手です。早く秋になれば良いのにと思ってばかりの毎日です。^^;

 

それはさておき、最近は、経営顧問のお客様が増えてきました。

「経営顧問って、何しているの?」

という疑問が沸いた方もおられると思います。

 

大きく言うと、業績アップです。

売上と利益を伸ばすことを目的としています。

 

私のコンサルテイングスタイルは大きく3つの方針で構成しています。

①様々な媒体、方法で「理念と強み」を外に向かって発信すること

②「理念」を共有する人材育成

③「強み」に磨きをかけるマネジメントの検討と実践

 

トップの方に考えて頂きたいたいのは以下の3つのバランスです。

①トップとして組織の価値を発信出来ているか、

②理念を共有する人材育成に心血を注げているか、

③サービス(強み)に磨きをかけているか

 

この3つを具体的に伸ばすことで、無理なく成果が出ると感じています。

勝手に「黒木メソッド」と名付けています。(笑)

 

なかなか、どうして、実践的なのであります!

研修あれこれ

御陰様でクライアントでの研修の機会はとても多くなっています。

そして、昨日はあるクライアントでの研修後の受講者へのフィードバック面談に陪席させて頂きました。

 

経営者とは違う目線で感想を述べてくださり、参考になることばかりです。そのなかで、多い意見として「こういう研修は初めてでした」というものです。マネジメント研修を本格的に実施する法人は、医療・介護にはまだまだ少ないのが実態なのかもしれません。

 

そして、「研修を受けていなければ、退職していたと思います」との意見も頂きました。講師冥利に尽きます。

 

そして、この法人で最近、始まったのが「理念浸透研修」です。創業者の志、これまでの苦労を次世代、次々世代に伝えていく内容です。やはりエピソードが一番分かりやすく響きます。

 

そして、経営幹部の奮起が起こったりもするかもしれません。やはり、組織は燃える人がいないと、いけません。面白くないと思います。

 

皆さんの職場は「熱さ」はありますか?

もうすぐ夏ですが、ハートの熱さで暑さを乗り切って参りましょい!

 

 

 

 

2040年問題

医療介護業界で、2025年問題の次に2040年問題というのが話題になっています。

 

総人口が1億を切るという状態もありますが、それよりも、深刻なのは全国1800ある自治体のうち、 約半数が2040年までに消滅してしまうかもしれないのです。 

 

皆様の街はどうなっているのでしょう?

 

総人口が3000万人も減っていても、介護に必要な就業者数は505万人です。

今から170万人も増えなければなりません。

 

その他にも

・空き家率は40%前後

・アジアは10億人もの人口増加をする

・世界的に深刻な水不足

・4000兆円もの国の借金(この状態で円の信用はあるのか)

・遠隔診断での死亡診断

等々が予想されています。

 

2040年、22年後ですが皆さんは想像がつきますか?

私は22年後は60代後半の高齢者ですが、この歳では引退はさせてもらえない社会になっていそうです。

 

日本はどうなってしまうのか?

国難ともいえる状況を迎えて、日本人が試されます。

こういうことを考えていると、いてもたってもいられなくなります。

 

 

 

 

 

嬉しいことが続いています

最近、研修をさせて頂いているクライアントの離職率が下がっています。また、新卒の職員が集まりやすい雰囲気にもなっています。

 

この人材難の時代に、とても嬉しい報告を頂きました。マネジメント研修を実施しても、すぐに効果がでるかどうか、不安でしたが、継続して実施頂いているところから、嬉しい報告をお聞かせいただけるようになっています。

 

継続は力なり、と言いますが、結果が出るまで継続できることが本当に素晴らしいと思います。

 

「人を大事にすれば、人が集まる。」

 

昔、教わった言葉です。

本当に、素敵な言葉だと思いませんか?

 

人材難に悩む方々、身近な人を大切にすることから、始めてみてください。

数年後には、その努力が大きな実を結ぶかも知れません。

 

 

 

引越します

早いもので開業させて頂きまして、2年になろうとしています。

 

これまでは、奈良の妻の実家を借りておりましたが、この5月より京都の宇治市に引っ越すことになりました。今、引越しの真っ只中です。

 

京阪電車宇治駅から徒歩2分です。観光地のど真ん中という感じですが、風光明美なところが随所にあり、歩くだけでも癒されてます。

 

来週には転居のお知らせをお世話になっている皆さまに出したいと思います。

出かけてばかりであまりいない事務所ですが、仕事に疲れたら、遊びに来てください。

私は暑苦しいですが^^;景色には癒されますよ。