医業経営コンサルタントの呟き

平成28年7月奈良市にて開業し、平成29年7月京都府宇治市に引越しました医業経営コンサルタント、黒木の忘備録的おもいつきブログです。得意分野は事業計画(戦略)の策定、人事制度、人材育成研修です。これから日本が未曽有の高齢化社会を迎えるにあたって、医業経営コンサルタントとして、何ができるのかを日々見つめ、粛々とすべきことを発信させて頂きたいと思います。頑張れ、ニッポン!!

介護現場革新プラン

皆さん

 

おはようございます。

最近は、「ブログ読んでます」との驚きの声を複数の方から頂きますので

もうちょっと頻度を頑張ろうと、そんな気になります。

 

今日はまじめな情報提供です。

厚生労働省の介護現場革新会議が2019年3月にまとめた介護事業所活性化の基本方針を紹介します。

 

①マネジメントモデルの構築

②ロボット・センサー、ICTの活用

③介護現場のイメージ改善と人材の確保・定着促進

2019年度にパイロット事業に着手し、その後、全国に展開していく。

 

昨年、③について、知的資産経営で大阪府社協さんの大会で「優秀賞」に絡んだ吾輩としましては、今年は①で絡めそうな気配になっています。正直、お客さんが優秀なのですが…。

 

ちなみに、①は「多岐にわたる介護業務の洗い出しと切り分けを行い、専門職と非専門職の役割分担を明確にして、非専門職でもできる周辺業務は地域の元気高齢者に担ってもらうようにする。」という内容です。

すでに、動いて、成果を出している法人さんがあります。この件は、日本の将来にもとっても良い影響を及ぼすと思われます。元気な高齢者が増えないと日本は致命的です。

 

今後の研究テーマは②です。補助金申請が得意な私としては、このテーマは、とても興味があります。しかし、補助金公益法人には適さないこともあり、株式会社で介護に乗り出すところが出てくると、面白いなと思っています。

 

今、介護業界が熱いです。

 

 

 

 

 

 

夏が来ます

先回の記事が「春が来ましたよ」でしたが、もう「夏がきます」と書いています。次は「秋ですね」という予想もありそうで、四半期ペースになりそうな気配です。

 

京都は連日、30度超えになっています。

地球はどうなっていくのでしょうかと大地に向かって問いたくなるような熱さです。

 

私もスーツは着てられないな、とクールビズの衣料品を求める日々になっています。

黒木のイメージはスーツしかない、と言われたりしますので、今年は脱スーツで、攻めてみたいと思います。

 

「日本はタイに迫る蒸し暑さ」ってCMでやってました。

このCMのおかげで決断できました。脱スーツ。

 

皆様も熱中症などにはお気をつけて。

ごきげんよう

 

春が来ましたよ!

春ですね。

やはり、この時期は、おじさんになってもワクワク、ソワソワします。

サクラもいよいよのようです。

 

皆様はお花見の予定は決まっていますでしょうか?

私は週末にでも近所の宇治川にサクラを見に行きたいと思います。

 

そして、来週月曜日はもう4月1日です。

来週は接遇研修や新入職研修がおかげ様で、ずーーーと続きます。

ほぼ毎日「笑顔・挨拶・社会人の心構え」をお伝えしている1週間になっております。

 

年に1度のスペシャルウイークです。

誰よりも私自身が良い笑顔で向かえます様に、表情筋の筋トレ中です。

 

楽しいから笑うのは、普通です。

何もない日常でも、大変な時でも、笑顔で過ごしたいものです。

笑顔力ウイーク、始まります!

 

 

嬉しい報告です

もうすぐ春。

というか、すでに春でしょうか?

少なくとも、私の心は春の陽気です。

 

なぜかというと、昨年1年間にわたって、大阪府のとある社会福祉法人にて知的資産経営をお伝えしてまいりましたが、その法人が「大阪府社会福祉協議会 」主催の平成 30 年度 大阪老人福祉施設研究大会に参加したのです。5つの口述の分科会があり、「人材の定着・育成 」というカテゴリーで参加し、見事、「優秀賞」というナンバーワンの表彰を頂かれました。

 

発表を観覧させていただきましたが、

・パワーポイントの内容が恰好良かったです。

・発表者も堂々としていました。

・知的資産経営の取り組みを通じて、自信と誇りを持つことが出来、それを職員で共有することで離職率の低下に寄与したという成果は今回の趣旨に合っていたと思われます。

 

・・・完全に親ばか、状態です。

 

タイトルも『知的資産経営の取り組みを通して見えてきたこと』というストレートなネーミングでした。

 

知的資産経営が介護経営に非常に役立つと思って取り組んできましたが、今回の発表で確信を得た思いです。

 

これからも、介護業界の方々が自法人への自信と誇りをもって頂くため、知的資産経営の普及に努めていきたいと思います。

 

なお、今回、大阪府大会で優秀賞を頂き、もし推薦されれば近畿大会に出場です。そこで評価されれば、全日本です。できれば、日本一になってほしい、なんて欲も出てきます。

 

 今後も強みを活かすマネジメントにもっと力を込めて参ります!

 

 

 

新年の抱負

皆さま、あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

コンサルタントって、つくづく不思議な仕事だと年末から考えていました。商品があるようで、なかなか形にしづらいからです。

 

よく、「そんなに忙しいなら、社員を入れないと」と言われます。

それも分かりますが、まだプレイヤーとしての自己成長を試してみたいのが正直なところです。

 

独立の動機でもあります。

「自分の可能性を試してみたい。」

 

今年はクライアントを通じて、何らかの経営の品質に関わる賞をもらえそうな気がします。

賞が全てではありませんが、一つの目安にはなるかなと思っています。

 

自分ではまだ、ノビシロがあると思っています。

あと、3年くらいでしょうか、

行けるところまで行ってみて、

そこから組織化や後塵の育成を考えてみたいと思います。

 

心技体の最高のバランスを体現できるのは、3年後のように感じます。

そこまでは1日1日を成長できますように、努力あるのみです。

 

今年もよろしくお願いします!

 

今、取り組んでいること

早いもので、もう年末です。

今年は7時に家を出て、23時に帰宅するような生活をこのままではおそらく363日くらいするように思います。

来年は少し余裕をもって、仕事をしたいと心から思います。

有難い話ですが、独立して、こんなに忙しいとは思いませんでした。

来年は4月からは週に1日は絶対に休みます。

 

今年、取り組んでいること、来年の抱負を記しておきたいと思います。

まず、進行中のプロジェクトは下記です。

①医療法人・社会福祉法人を含む中堅グループにおける人事部の作成

②東南アジアに赴き、日本の介護事業に就職くださる人材を獲得するお手伝い

③複数の病院や老健を持つ大規模医療法人における幹部育成研修

④伝統ある社会福祉法人における強みの創出と強みを活かした人財育成

⑤機能強化型の在宅療養支援診療所における地域とのネットワーク形成支援

⑥医療関連サービスへの事業展開支援、起業支援

⑦中小病院における地域包括ケア病棟(病床)の転換支援、連携室支援

⑧理念を活かした目標管理制度と人事考課制度の策定および運用支援

 

③については病院学会で発表して頂き、④については来年3月に某社協で取組への発表会があります。②④については、他の学会でも研究成果の取組発表をしようと思います。来年はプチ有名(悪名かも)になっているやも知れません。

 

今年は、結構な方々と「食事にでも行きまひょー」、

と言いながら行けずに終わりそうです。

来年こそ、「倍返し」の意気込みで行かせて頂きます。

皆さん、見捨てないで、くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

事業承継に向けて

御無沙汰しております。

なんせ、忙しくて忙しくて・・・

目が回るとは、こういうことなのでしょうか?

さすがに、自分の体調も気になるところです。

 

今は御蔭さまであるお客さんのところで卓球部に入れて頂いております。

週1回ですが、90分ほど汗まみれになっています。

 

ちなみに、なぜ、忙しいかと言えば、知的資産経営を活用した事業承継対策が密かにニーズがあるからなのです。予想外のニーズで忙しい訳です。

 

今の事業承継の現状を見渡しても、資産の承継は出来ても、知的資産の承継ができず、事業の継続が難しいようです。つまり人財を残すことが難しいのです。

 

そこを知的資産経営でブレークスルーしようという訳です。

理には適っているように思います。

この際、しっかりと向き合い、研究して参ります。