医業経営コンサルタントの呟き

平成28年7月、奈良市にて開業しました医業経営コンサルタント、黒木の忘備録的ブログです。得意分野は事業計画(戦略)の策定、人事制度、幹部人材育成研修です。これから日本が未曽有の高齢化社会を迎えるにあたって、医業経営コンサルタントとして、何ができるのかを日々見つめ、粛々とすべきことを発信させて頂きたいと思います。

嬉しいことが続いています

最近、研修をさせて頂いているクライアントの離職率が下がっています。また、新卒の職員が集まりやすい雰囲気にもなっています。

 

この人材難の時代に、とても嬉しい報告を頂きました。マネジメント研修を実施しても、すぐに効果がでるかどうか、不安でしたが、継続して実施頂いているところから、嬉しい報告をお聞かせいただけるようになっています。

 

継続は力なり、と言いますが、結果が出るまで継続できることが本当に素晴らしいと思います。

 

「人を大事にすれば、人が集まる。」

 

昔、教わった言葉です。

本当に、素敵な言葉だと思いませんか?

 

人材難に悩む方々、身近な人を大切にすることから、始めてみてください。

数年後には、その努力が大きな実を結ぶかも知れません。

 

 

 

引越します

早いもので開業させて頂きまして、2年になろうとしています。

 

これまでは、奈良の妻の実家を借りておりましたが、この5月より京都の宇治市に引っ越すことになりました。今、引越しの真っ只中です。

 

京阪電車宇治駅から徒歩2分です。観光地のど真ん中という感じですが、風光明美なところが随所にあり、歩くだけでも癒されてます。

 

来週には転居のお知らせをお世話になっている皆さまに出したいと思います。

出かけてばかりであまりいない事務所ですが、仕事に疲れたら、遊びに来てください。

私は暑苦しいですが^^;景色には癒されますよ。

 

 

 

 

 

春がきました!

どこもかしこもサクラが満開です。

皆さんは花見には行かれましたでしょうか。

私はまだですが、歩いたり、車を運転しているだけでも結構なサクラを目にします。

日本は良いですね。

 

そして、来週のスケジュールは、入社式が目白押しです。

わたしも4法人の入社式に参加です。

新入職員殿に偉そうにも話をしたりしてしまいます。

今年はどんな新人さんたちに出会えるのか、とても楽しみです。

 

春は別れと出会いの季節です。

総じて、かけがえの無い出来事が起こるものです。

サクラがそれを象徴しているようです。

自然は良く出来ています。

 

今日は吟遊詩人のような私でした。

きっと満開のサクラの影響です。^^

人事部は必要です

御無沙汰してしまいました。

早いもので、もう春分の日です。

サクラも開花宣言が出されたとかで、気持ちはお花見に向かっています。

 

しかし、3月は年度末でもありますので、様々な締め切りとの戦いです。

各地の理事会にて、次年度の事業計画を目にする季節になっています。

 

そして、目下、人事部アドバイザーの肩書を持たせて頂いている私も次年度の計画の煮詰めに大忙しです。

 

ビジョンの構築、人財育成研修の年度計画、キャリアデザイン計画、法人説明資料の作成、それに次年度の離職率などのKPIの設定、外国人労働者の受入れに向けての研修計画、などなど目白押しです。(画期的なことは企業秘密なので書けません…)

 

医療・介護業界の人的資源管理は、総務部が傍らでする時代はとっくに終わったと感じます。専門部署が必要です。

 

あなたの施設には「人事部」はありますか?

もし、なければ、すぐに創ってください。

医療、介護は労働集約型産業と言われています。

つまり、働き手はロボットではなく、人間だという事です。

だからこそ、人事部という専門部署は必須なのです。

 

 

世界を意識すべき日本の医療介護業界

最近は、医療介護のどの施設に行っても、

看護師不足並みに、いやそれ以上にヘルパー不足を訴える施設が増えています。

 

2025年問題としてもたびたび取り上げられていますが、

38万人の不足が見込まれています。

 

慢性的な人手不足の中で、どうやって対処するのでしょうか?

人工知能(A.I.)の進化による介護ロボットの活用

②専業主婦などの潜在的な労働力の掘り起こし

③外国人の受入れ

の3つがすぐに浮かびます。

 

では、この3つの中で、今から施設が取り組めることは何でしょうか?

あきらかに、③だと思います。

①は2020年の東京オリンピックをA.I.を活躍させることによって成功させ、ロボット歓迎の世論を味方につけないと、施設での導入は感情論的に難しそうです。

②は専業主婦に対して、他産業との比較の中で医療介護業界にいかに関心を持っていただけるか、突破口が浮かびません。

③は明らかに今から、取り組める課題だと思います。というか、私の中ではここに手を付ける以外に道はないと感じています。

 

私自身も③に向けて、施設見学や海外からの介護人員の受入れに当たっての環境整備について具体的な学びを始めました。そして、今年はおそらく、現地(東南アジア)にも足を運びます。

 

海外と言えば、私の場合もっぱらインド専門でしたが、初めてインド以外に足を運んで参ります。

 

そして、日本の病院は海外に行くべき時代とも感じます。

世界でも通用するセンスがこれからの医療介護業界には必要です。

今年は勉強、勉強です!

今年の目標

あけましておめでとうございます。

年末年始に遠出していて、3日から必至になって年賀状を出し終えました。

冷や汗で寒くなってきています。😅

 

ところで、皆さんは、今年の目標は立てられましたか?

私の目標は2つです。

1つは、研究成果の論文発表、もう1つは、新事業へのチャレンジです。

私も独立して、3年目の年になりますので、今年は大きな変化を起こしてみたいと思っています。去年は、久しぶりに大阪で大きな人数での研修をさせていただきました。今年はさらに、論文発表なども含め、大きな舞台でセミナーをしていこうと思います。

 

もう一つの目標は、新事業の立ち上げです。

去年は、人事部の立ち上げコンサルティングが始まりました。

それよりも大きな変化を今年は目指します。

その為に会社を設立しようと思います。

単なる思い付きではなく、ただ目の前に来るテーマからは逃げられないだけです。

 

 

最近、自分の人生を支配している大きな存在があるように感じます。

その存在を信じて、挑戦してみようと思います。

 

一度きりの人生です。精いっぱい奮闘できればと思います。

みなさん、今年もよろしくお願いいたします。

充実の1年

年末です。

そして、お久しぶりです。

今年は、まさに光陰矢の如し、という1年でした。

 

もの凄く、やりがいのある1年だったとも言えます。

やっぱり、独立すると違うな、とつくづく思います。

サラリーマン時代は、会社に守ってもらってきてことを感じます。

 

独立したら、チャレンジの連続でした。

スケールの大きな仕事、新しい仕事に巡り合った1年でした。

来年も、もっとかもしれません。

 

それでも、総じて、楽しいです。

どこまでできるのか、チャレンジしたくて、独立したのかもしれません。

去年の自分には、今年の自分は予想できませんでした。

来年の自分も、今年の想像を超えていたら、と期待してしまいます。

 

みなさんは、今年はどんな1年でしたか?

 

とにかく、1年お世話になりました。

良いお年をお迎えください。